ZOO 2/乙一

◆本の内容


「血液を探せ!」「冷たい森の白い家」「Closet」「神の言葉」「落ちる飛行機の中で」「むかし夕日の公園で」ホラー系の短編が五編とおまけが一編収録されています。



◆感想


 これが噂の黒乙一さんかぁ(*´ェ`*)
 と思う話が『ZOO 1』より多かった気がします。
 全体的にグロくて狂ってる系です。

 個人的には「落ちる飛行機の中で」が楽しめました。
 大活躍した空き缶の謎が最後まで残ったものの、
 どことなくコメディちっくで面白かったです。
 まぁ狂ってましたけどね。

 爽やかさを求める人には向かないのでご注意ください。
 今現在やさぐれている人は楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくらゆうパックを利用したところ、
 なんか変な番号を教えてもらいました。
 どうやらこの番号で荷物の追跡ができるようです。

 ほ〜、世の中便利になったなぁ(−−)

 早速試してみると、確かに荷物の今ある場所が見られます。

 ……(−−)

 試しに数字をちょっとだけズラしてみると……おぉ、良かった。
 「そんな番号ねーよ」な画面になりました。
 これで他の人の荷物が見えたらシャレにならないですからね。

 せっかくだから他の番号も……とちょろちょろ遊びつつ、
 「これも職業病なのだろうか(−−?」と考え込んでしまいました。

スポンサーリンク

タグ:乙一
posted by ササキマコト at 11:07 | 小説