残穢/小野不由美

◆本の内容


穢れは集い、移動し、そして広まる。「畳を擦る音が聞こえる」から始まった原因究明の旅は新たな事実を浮き彫りにし、そして広がりを見せる。ってな適当な解説が似合いそうなドキュメンタリー形式のホラー作品です。



◆感想


 個人的な好みには合いませんでしたが、
 作品としての完成度は高いと思います。

 って「おまえは何様だ?!」って感じですね。ごめんなさい。

 この作品、実は何も起こっていないのですよね。
 「○○らしいわよ」「××なんだってさ」とすべてが伝聞なのです。

 だから、ちょっと退屈。
 でも読んでいると何となく背中が寒くなってきます。

 思わせぶりだけど怖くは無い。でも何となく不気味。
 特に実害は無い。でも何となくイヤ。
 語感的に「ホラー」よりは「怪談」に近い印象を受けました。

 私の好みには合いませんでしたが、好きな人は好きだと思います。
 ハリウッドではなく日本映画な作品でした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、「劇場版魔法少女 まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」公開記念で
 「魔法少女 まどか☆マギカ」と「うまい棒」がコラボするそうですね。
 「希棒か、絶棒か。」の煽り文句とうまえもんのコスプレに笑わせていただきました。
 クレーンゲームの景品のようなので、恐らく私が実物を目にする機会は無いと思いますが、
 見かけたら一度くらいはチャレンジしてみようと思います。

 まぁゲーセンに入る機会が無いだろうけど(−−ゞ

スポンサーリンク

タグ:小野不由美
posted by ササキマコト at 08:49 | 小説