なぜ成功社長のサイフは薄いのか?/冨永英里

◆本の内容


成功社長はどんなことをやっているの?逆に失敗社長は?著者が今まで出会った経営者のエピソードを通して、成功社長・失敗社長の違いを教えちゃいます。みたいな本です。



◆感想


 体験談と言うかエピソード集ですかね。
 「この社長さんはこんなことしてたよー」
 「こっちの社長さんはこんなんだったよー」
 のようなことが書かれています。

 ひとつひとつのエピソードはちょっとしたことですが、
 積み重なったら大きな違いになりそうでした。
 一言で言えばお金に関する「習慣」について語られています。
 まずは表面から真似て、成功社長に近づいても良いかもしれませんね。

 全編通して「ちょっとしたこと」ですが、
 だからこそ参考にしたり真似しやすい内容だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、皆さん100円ショップの「ダイソー」を知っていますか?
 それでは「ダサソー」は?

 「ダサソー」は韓国の格安雑貨店だそうです。
 なんか「ダイソー」の韓国の商標権者が「ダサソー」に対して
 「おまえら、真似してんじゃねーよ!」と訴訟を起こしたそうですね。
 ところがどっこい「いや、別に似てないっしょ?」な判決が出たそうな。

 えっ?そうなの?似てるじゃん!と思ったのでちょっと調べてみたのですが、
 なんかいろいろ難しいのですね(−−ゞ

 文字の構成以外にも外観とか観念とかが組み合わさって判断されるとか。
 専門家じゃないと判断できなさそうです。
 ダサソーさんも、個人的には文字にしたらメッチャ似てるじゃん、と思いますが、
 ロゴを見たら思ったより似てなかったですしね。

 商標権の世界も奥深いんだなぁ、と思いました。
 ぴよぴよスーパードリームシステムを商標登録する時は気を付けます。

スポンサーリンク

タグ:冨永英里
posted by ササキマコト at 10:38 | ビジネス書