まんがでわかる7つの習慣/フランクリン・コヴィー・ジャパン

◆本の内容


バーテンダー志望の歩は、バー・セブンへと飛び込みで弟子入りする。そして、そこを訪れる人々との出会いによって様々なことを学び、成長していくのであった。歩がバー・セブンで得る気づきや学びが、あの名著『7つの習慣―成功には原則があった!』の要点とリンクしています。そんなストーリー仕立てのビジネスマンガです。



◆感想


 マンガです。
 文字版も読みましたが、分かりやすく噛み砕かれて、まとめられていると思います。

 文字版を眺めたことがある人は分かると思いますが『7つの習慣』は結構ぶ厚い本です。
 読書に慣れていない人は途中で脱落することもままあるでしょう。
 しかもやっかいなことにですね。
 『7つの習慣』はビジネス書界隈では名作と呼ばれています。
 自己啓発書を手に取る人は取りあえず読んどけよ、な本の一つです。

 「え〜、そんなぶ厚い本読みたくね〜よぉ(−A−)」ですか?

 そんなあなたに朗報です!
 本書には『7つの習慣』のエッセンスが散りばめられています。
 しかもストーリー仕立てのビジネスマンガです。
 『7つの習慣―成功には原則があった!』を読むのに数日を要する人でも
 本書なら数時間で読み終わります。
 たった数時間、たった数時間であのぶ厚い名著『7つの習慣』について
 知ったかぶりができるのです!

 これは買いですね。

 ……(−−ゞ

 なんか胡散臭い営業さんみたいな喋りになってしまいました。

 まとめると『7つの習慣』を噛み砕いてストーリー性のあるマンガとして再構築したのが本書です。
 「『7つの習慣』に興味はあるけど、あんなぶ厚い本読みたくねーよ」な人にはオススメですよ。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、読書というのは不思議なものでしてね。
 自分の中で迷いがあるとき、悩みがあるとき、読書をすると目の前が開けることがあるのです。
 あるときはビジネス書の一文、またあるときはライトノベルの主人公の行動、
 またまたあるときはマンガのサブキャラが言った一言のセリフ、
 それらがタイミングよく自分の悩みを撃ち抜いてくれます。
 えぇ、そりゃもう、びっくりするくらいタイミングよく撃ち抜いてくれます。
 どうしてなんでしょうね?

 これは神様からのメッセージなのでしょう。
 神様が私に対してアドバイスをしてくれているのでしょう。

 ……なんて考え方をする人ではないので、
 ちょっくら真面目に理由を考えてみました。

 う〜ん(−公−;

 きっと無意識の部分で既に答えを出しているのでしょうね。
 そしてその答えを後押ししてくれるような言葉に対して反応しているのでしょう。
 だから決めているのは(無意識の)自分。
 撃ち抜かれたわけではなく、無意識の結論を自覚しただけ。

 そんな感じかな〜と。

 でもまぁ、それはそれでアリな気がします。
 本でもテレビでも音楽でも良いのですが、外部からの刺激で何かきっかけを得たなら、
 無条件で乗ってみるのも良いでしょうね。
 それは神様からのアドバイスでは無いでしょうが、自分からのアドバイスではあるはずです。

 と言う訳で今日は、前から気になっていた坦々麺屋に突撃してきまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:58 | ビジネス書