空想科学読本14 [名キャラ対決、どっちがすごい!?]編/柳田理科雄

◆本の内容


もしも、あのマンガのあのキャラとあのマンガのあのキャラが戦ったとしたら、どちらが強いのだろう?ガンダムVSエヴァ、青キジ(ONE PIECE)VS日番谷冬獅郎(BLEACH)、次元大介VSゴルゴなどなど。夢の対決を科学的に分析しちゃいます。



◆感想


 思ったより楽しめました。
 科学的に分析……と見せかけて、結構主観に頼った対戦もありましたが、
 全体的に無理のない結論に落ち着いていたと思います。

 しかしアレですね。
 この対決の対戦カードはどうやって決めているのでしょう。
 まさか『NARUTO』の桃地再不斬が登場するとは思いませんでした。
 再不斬さんはハクとセットで扱ってあげろよ!と内心ツッコみつつ、
 楽しませていただきましたけどね。
 脇役も結構拾ってるのね、この本。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくら打ち合わせデーです。
 3つ程打ち合わせが入っているので、あっちにふらふら、
 こっちにふらふらしてきます。

 打ち合わせというのは、とても不思議で、ある意味危険なものです。
 例え物事が前に進まなくても、お仕事した気分になっちゃうのですよね。
 私は基本的に成果に対してお金をいただく立場でお仕事しているので、
 打ち合わせをしただけで満足しちゃわないように気を付けようと思います。

 おっ。
 今日の駄文はビジネスマンっぽい内容でしたね(^^ゞ

スポンサーリンク

タグ:柳田理科雄
posted by ササキマコト at 08:03 | その他