過ぎる十七の春/小野不由美

◆本の内容


直樹と典子は、春休みを利用して従兄弟の隆の家を訪れていた。最初は例年と同様に和気藹々としていたものの、ある日を境に隆が変わる。母親の美紀子に突然冷たい態度を取り始めたのだ。一体なぜ急に?直樹と典子がいぶかしむ中、美紀子は自殺してしまう。「十七歳」という年齢に隠された秘密が今暴かれる。みたいなお話です。



◆感想


 小野不由美さんの作品はホラーの割りにミステリー的な面白さがあって好きです。
 本作も「一体どういうこっちゃ?」と先が気になりまくりでした。
 そしてクライマックスでは……ひぃ((;゚д゚))
 という読み方をするのが普通なのでしょうが、
 私は三代の活躍に心を奪われていました。
 きっと三代は「動けるデブ」って奴ですね、間違いない。

 あっ、普通に読めば怖くて泣ける話です。
 ご安心ください。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は奮発してミカンを買ってしまいました。
 7、8個で400円近くするのですよね。
 く〜、高い(ノ∀`)
 小さい頃はコタツに入ってバクバク食べていましたが、
 母親は内心ドキドキしながら見守っていたのかもしれません。
 「おまっ、安くないんだからもう少し味わって食べろよ」とか
 思っていたかもしれませんね。

 「たかが400円でしょ?全然安いじゃん」と感じる人もいるでしょうが、違います。
 みかんに対して400円出すというのが抵抗感があるのです。
 タバコに出す金額を高いと感じる人と感じない人がいるのと一緒。
 心の中で必要経費として勘定できるかどうかの違いです。

 「このミカン2個分の代金でバナナが一房買えるなぁ」とか考えながら
 バクバク食べていますけどね。
 ここ2日で20個くらい食べています。ミカンうま〜(*´∀`*)

スポンサーリンク

タグ:小野不由美
posted by ササキマコト at 12:44 | 小説