イラストでわかる] 驚くほど「書く力」がつく本/野村正樹

◆本の内容


文章は「正・的・簡・易」が基本。「書く」ことに対しての基本的なルールや技術を、徹底解説しちゃいます。みたいな内容です。



◆感想


 タイトルは煽り気味ですが、中身は堅実でした。
 個人的には「書く」より「文字で伝える」と表現した方がしっくりします。
 書く内容に対する基本的なルールや構成のお話から始まり、
 報告書や企画書、あるいは手紙やエッセイ等のシーン別の書き方ポイントに至るまで、
 幅広く触れられていました。

 また見開き毎に挿しこまれているイラストも味があります。
 内容を簡潔に表現しつつ遊び心もあって、思わずくすりとさせられました。
 シンプルなイラストが多いですが、個人的にはツボです。

 そんなべた褒め大絶賛な本書なのですが、一つだけ注意事項があります。
 小説などの「表現者」を目指す人向けではないのでご注意ください。
 あくまでビジネス文書等の文字で「伝えたい」人向けの内容です。
 文字で「魅せたい」人は他の本をどーぞ。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、このブログは9割5分、惰性で書いています。
 止めるきっかけがなくて続けている状態です。
 それでもまぁ、区切りがつくというのは嬉しいですね。

 なんと!

 この記事で、書いた本の感想が2000冊分になりました\(−−)/

 何だかんだでよく書いたな〜と現在自画自賛中です。
 ついでにブログのタイトルを「1000冊+α」から「2000冊+α」に変えました(笑)

 次は「惰性で3000冊」を目指しますよ(−−)☆

スポンサーリンク

タグ:野村正樹
posted by ササキマコト at 12:48 | ビジネス書