カナリヤは眠れない/近藤史恵

◆本の内容


腕は良いが変わり者の整体師・合田力は、○○依存症の姉と××を繰り返す妹を助手に据え、接骨院を運営している。そんなある日、彼は患者の身体の中に暗い影を感じた。みたいなお話です。整体ミステリーでしょうかね。



◆感想


 ん〜、あまりミステリーっぽい感じはしませんでした。
 どちらかと言うと大人の女性の青春小説?
 江國香織さんとかそっち系の雰囲気です。
 そのため私の好みにはあまり合いませんでしたが、好きな人は好きでしょうね。
 基本的に女性陣が深刻な悩みを抱えているので、
 男性陣のすっとぼけっぷりが救いでした。

 それにしても合田さんは、名探偵を飛び越して最早エスパーですね。
 「いやいや、そんなん分かるわけねーだろ」と突っ込みつつ読みました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は昔の会社でお世話になった人と会ってきます。
 用件は分かりませんが、なんか電話が来たので。
 会うのは4、5年振りですからね。ちょっと楽しみです。

 ついでに明日は昔お世話になったお客さま先に行ってきます。
 用件は分かっていますが、なんか電話が来たので。
 会うのは2年振りくらいでしょうか?ちょっと楽しみです。

 偶然というのは重なるもので、最近懐かしの登場人物が多いです。
 マンガやアニメですと、この展開は危険ですね。

 懐かしの登場人物が大集合するときは大抵……最終回が近い(;−−)b

 えっ?えっ?まだ続くよね?
 私の人生まだ終わりじゃないよね?と無駄に焦り始めている今日この頃です。

スポンサーリンク

タグ:近藤史恵
posted by ササキマコト at 08:29 | 小説