「死霊」殺人事件―警視庁捜査一課・貴島柊志/今邑彩

◆本の内容


「したいが……いきかえった」密室状態の事件現場から発見されたのは二人の男性の死体と泥まみれの女性の死体であった。現場には掘り返された穴があり、女性は元々その穴に埋められていたように見えるが……。死霊の呪いに貴島刑事が挑む、貴島シリーズ第三作目です。



◆感想


 タイトルが秀逸でした。
 まさに「死霊」殺人事件です。
 全体としては、いくつかの出来事が複雑に絡み合っているので、
 ちょっとばっかしややこしいかもしれません。
 都度、頭の中で整理しながら読む必要があります。
 全部が繋がると「なるほど〜!」ですけどね。
 ちょっとご都合主事過ぎるきらいはありましたが、
 全体的に綺麗にまとまっていたと思います。

 あと本筋とは関係ないのですが、飯塚ひろみさんB型乙女座のキャラが好みでした。
 頭はキレるけどドジっ娘で天然、もう少し活躍させて欲しかったなぁ。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、そろそろ年末の雰囲気になってきました。
 学生さんはそろそろ冬休みが始まる頃でしょうし、
 社会人の方も、24〜27日まで有給入れて、既に仕事を納めた人もいるでしょう。

 私は毎年、この時期から年末にかけて翌年の計画を立てています。
 そのついでに新しい何かをお勉強するようにしているのですが、
 今年は何を勉強しようか迷っているのですよね。

 う〜ん、どうすんべ(−公−;

 何を勉強すべきか分からないってことは
 来年の方針を決め切れていないってことでしょうか。
 まずは来年の方向性を決めることが2014年へ向けての第一歩ですかね。

 よし、頑張ろう。
 基本的に私は、皆が休む時ほど頑張りたくなる性分なのです(−−ゞ
 その分、皆が働いているときは遊びますけどね(−∀−)

スポンサーリンク

タグ:今邑彩
posted by ササキマコト at 12:14 | 小説