翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件/麻耶雄嵩

◆本の内容


京都近郊に建つ蒼鴉城を訪れた時、惨劇が始まる。首なし死体、密室、見立て殺人。二人の名探偵の登場によって事態は更に加速する。。。みたいな内容です。



◆感想


 これほどまでに玉と石の混ざったミステリーを読んだことがありません。
 とてもとてもバカらしく、そして味のある作品でした。
 性格の悪い(褒め言葉)著者のデビュー作にふさわしく、
 何ともコメントしづらい内容です。
 傑作では無いけど駄作でも無い……わけではなく、
 限りなく駄作で、だからこそ傑作と言ってよいかもしれません。
 若干ネタバレ気味ですが、首チョンパ推理は笑えるか呆れるかのどちらかでしょう。
 良くも悪くもとんがってる一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、大部分の人は今日で仕事納めですかね?
 あと1日、今年の締めをがんばりましょー。

 今日は取り込んでいるのでそんな感じで(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:麻耶雄嵩
posted by ササキマコト at 09:21 | 小説