どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣/福島正伸

◆本の内容


シバちゃんは自分探しを続けてたったひとりで起業した。ターくんは安定を求めて大企業に就職した。正反対の道を歩む二人は、時に励まし合い、慰め合い、支え合いながらも、それぞれの人生を生きる。本当に幸せなのはどちらの人生なのか?感動のビジネス小説です。



◆感想


 物語を読んで気付きを得ましょうな本です。
 自己啓発系のビジネス書ですね。
 安定志向と上昇志向、どちらが幸せなのか?と煽っていますが、
 そこは大事ではありません。
 どちらを選んでも一緒、大事なことは他にあるのです。
 キーワードは「感謝」「学び」「成長」といったところでしょうかね。

 名言っぽい言葉が至る所に散りばめられていますので、
 ちょっとした気づきを得たりモチベーションを上げるのに良いと思います。
 知識を習得する本ではありませんので、そこだけご注意ください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、世の中には情報が溢れかえっていますね。
 更に日々、情報は増え続けています。
 情報系の業界にいてなんですが、情報の海に溺れてしまいそうです。

 昨今の世の中は、あえて「情報を集めない」という選択も大事ですね。
 何でもかんでも集めていてはキリがありません。
 どうすれば「質の高い」情報を得ることができるか、そこに心を砕くべきなのです。
 無作為に垂れ流される情報を片っ端から集めるのは時間の浪費に繋がります。

 まぁ、結局何が言いたいかと言うとですね。
 紅白歌合戦を前にテレビを衝動買いしたいのを、我慢しているのです。

 多分買ってしまったらずっと見てると思うんですよね(−−;

スポンサーリンク

タグ:福島正伸
posted by ササキマコト at 01:10 | ビジネス書