「嫌な取引先は切ってよい」楽しさを追求する社長の非常識な働き方/中里良一

◆本の内容


嫌な取引先は切ってよい。嫌いな奴と仕事をして何が良いことあるものか。「好き嫌い」を基準とする働き方を実践する中里スプリング社長の中里氏、彼の経営哲学と嫌な取引先を切るための実践論をご紹介しちゃいます。のような内容です。



◆感想


 未来工業の社長さんのお話と印象が被りました。
 一見すると破天荒ですが、ち密な計算も垣間見えます。
 特に「嫌な取引先を切りたいから、新しい取引先を(先に)探す」というのが、
 ごもっともなお話だと感じました。

 要は「お客さまは神様」を止めることなのでしょうね。
 お客さまも人間、好きな相手もいれば嫌いな相手もいます。
 できる限り好きな相手と付き合うようにすればストレスも減り、
 それだけ良い仕事に繋がるでしょう。

 現実的には好きな相手とだけ付き合っていくのは難しいことです。
 では、どうすればその難しいことができるのか?が語られていました。

 方法論としては経験則に基づく部分も大きそうなので、
 そのまま流用するのは難しいでしょう。
 とは言え、自分たちなりの「嫌な取引先の切り方」を模索する上で
 十分ヒントにできる一冊だと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ホームページのリニューアルが完了しました\(−−)/
 気が向いた方は覗いてやってくださいませφ(−−)

 ITの万屋 PCS - Piyopiyo Create Service

 最近は平べったいデザインが流行っているので、
 見た目を少しぺったんこ気味にしてみました。
 あとはスマホでもそれなりに見られるようにして、
 セキュリティ周りをちょいといじくって、ついでにアレコレやって自己満足♪

 予定より時間が掛かってしまったのが反省点ですが、
 取りあえず今日のところは完成を喜ぼうと思います。

 いーやっほぉヾ(´∀`)ノ

スポンサーリンク

タグ:中里良一
posted by ササキマコト at 01:29 | ビジネス書