期待以上に応える技術/網野麻理

◆本の内容


元JCBの富裕層向けコンシェルジュが教える、コミュニケーション術です。「真のサービス」とは何ぞや?その答えがここにある!……かどうかは知りませんが、それ系のお話です。



◆感想


 ホテルマンやCAの人が書いた本と印象が被りました。
 サービスに対して高い意識を求められる人たち共通の心配り、ですかね。
 経験に基づいた言葉には説得力があります。

 その反面、経営的な視点はあまり入っていないようにも感じました。
 確かに気付かれないサービスが最高のサービスなのだとは思うのですが……。
 気付いてもらえないとお金をいただき難い面もあると思うのです。

 ゲスい表現ですが、サービスをどうお金に変えるのか?
 そこら辺の考えも聞いてみたいなぁ、と感じました。
 やっぱり「お金は後からついてくる」的なアレですかね(−−ゞ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ジャガイモが余っていたので新メニューに挑戦してみました。
 その名も「ジャガ生ハムチーズ乗せ」(−−)b
 うん、名前の通りの一品です。
 ジャガイモの皮をむいて半分に切ってお皿に並べてラップかけてレンジで3分間チン。
 その後、ジャガイモの上に生ハムととろけるチーズを乗せて1分間チン。

 完成\(−−)/

 見た目はなかなか美味しそうです。
 これはきっとビールに合うぞ〜♪と思って、ビールを飲みながら食べました。

 結果は……。

 う、うん、まぁ良いんじゃない?(−−;ゞ

 美味しくなかったわけでは決してないのですが、
 微妙に塩気が足りませんでした。
 生ハムの塩気がジャガイモに負けちゃった感じ。

 美味しくなかったわけではない、むしろ美味しかったのですが、
 コストパフォーマンスが良くないな〜と。

 ジャガイモは塩付けて普通に食べて、
 生ハムとチーズはそのままつまみにした方が良かった感じです(´・ω・`)

スポンサーリンク

タグ:網野麻理
posted by ササキマコト at 10:20 | ビジネス書