100%楽しく働く1%のサラリーマン: 「これから伸びていく人」の考え方/俣野成敏

◆本の内容


Amazonさん曰く「サラリーマンには2つのタイプがある。日々の忙しさに追い立てられ、ただ疲弊していく人。一方、はたから見ると忙しそうなのに、なんだか毎日楽しそうにしている人。この差はどこから生まれるのか?」だそうです。
本書では、そんな「仕事を楽しむ人」の考え方に迫る!



◆感想


 新入社員や若手のサラリーマン向けでした。
 25歳くらいまでには知っておきたい内容です。
 それくらいまでの年齢であれば得る物が大きいかもしれません。

 逆に言うと、ある程度の社会人経験を積んだ人や
 ビジネス書を結構読んでいる人には物足りないカモ。
 どこかで読んだ内容がどこかで読んだフレーズで語られています。

 個人的にはあまり目新しさを感じない一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、実は昨日、ちょっとビックリな出来事がありました。

 なんと!

 耳が聞こえなくなったのです。

 と言うほど大げさではないのですけどね。
 私はたまにPCで音楽を聞きながらお仕事しているのですが、
 その音がとても小さくしか聞こえなくなったのです。

 これには焦りました。

 気づいてみれば、確かに周囲の物音も小さく感じます。
 あぁ、どうしよう。ついに私の耳がぶっ壊れたか。

 壊れていたのはイヤホンでした(−−ゞ
 そして、周囲の物音が小さく感じたのは気のせいでした。

 思い込みって怖いですね。
 そんなことをしみじみ思った一日でした。

スポンサーリンク

タグ:俣野成敏
posted by ササキマコト at 08:25 | ビジネス書