卍の殺人/今邑彩

◆本の内容


上から見ると卍型になっている屋敷で起こる殺人事件。一人、また一人と家人が殺されていく王道ミステリーです。



◆感想


 今邑彩さんのデビュー作だそうです。
 屋敷の中で一人ずつ減っていく様は正に王道ミステリー。
 事件起きる、振り回される、こたつで推理する、と展開もお約束通りです。
 良くも悪くもハイレベルで無難な作品だな〜といった印象でした。

 デビュー作ということは、この作品が原点なのですね。
 今邑彩さんらしさはまだ薄いですが、筆力の高さは感じさせる作品でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2014年の何個目かは覚えていない三日坊主、
 「今日だけ頑張る」を始めてみようと思います。

 昨日見たマンガ『賭博黙示録カイジ』に

 明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!

 という台詞が出てきましてね。
 「試しにやってみっか」と思ったのがきっかけです。
 いや〜カイジに出てくる人は皆良いセリフを吐きますね。
 やってることは、あくどいけど(−。−)ぼそっ

 それでは三日間、今日だけ頑張ります。
 そして四日目に自分にご褒美を与えます(−q−)じゅるり

スポンサーリンク

タグ:今邑彩
posted by ササキマコト at 07:46 | 小説