殺人現場は雲の上/東野圭吾

◆本の内容


仲は良いけど正反対、新日本航空のでこぼこスチュワーデスコンビ、エー子とビー子の周りでは今日もトラブルや事件がいっぱい。見知らぬ同士の心中事件?赤ちゃんが増えた?遺書を拾っちゃった?非日常の謎系ほのぼのミステリー短編集です。



◆感想


 ほのぼのしていました。
 「傑作ユーモア推理小説」の肩書に偽りなし。
 人が死んだり物騒な事件が起きたりしますが、雰囲気はほのぼのです。
 良い意味で緊張感に欠けますので、赤川次郎さんとか好きな人は楽しめると思います。

 個人的には、軽く読めて面白かったけどちょっと物足りなかったかなぁ。
 全体的に無難にまとまっていた印象です。
 良い方にも悪い方にも突き抜けていなかったように思えます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、物事はあまり先延ばしにしない方が良いですね。
 昨晩、我が家の蛍光灯が力尽きました。
 そろそろヤバイかな〜な状態をずーっと放置していた結果です。

 「ちっくしょ〜、何も使ってる最中に切れなくても良いじゃんよぉ(−公−)」と
 一瞬思ったのですが、よく考えたら使っていない状態で切れても分かりませんね(^^ゞ

 早めに新しい蛍光灯を買って来ようと思います。

スポンサーリンク

タグ:東野圭吾
posted by ササキマコト at 10:20 | 小説