卯月の雪のレター・レター/相沢沙呼

◆本の内容


少女が主役の、ちょっと切ない日常の謎系ミステリー短編集です。挙動不審な妹、果たして彼女は変わってしまったのか?「小生意気リゲット」、蔵の中の花器を盗んだのはだーれ?「こそどろストレイ」、入院している友人に絶対に明かせない秘密とは?「チョコレートに、躍る指」、挙動不審な女の子、彼女はうそつきなのか?「狼少女の帰還」、これは死者からの手紙?「卯月の雪のレター・レター」の五編(四編+書き下ろし一編)が収録されています。




◆感想


 ……あれ?太ももは?
 太ももマイスター相沢沙呼さんとは思えない真面目な作品でした。
 多感なお年頃な女性が主役の、真面目な青春系ミステリー短編集です。
 雰囲気としては、辻村深月さんの初期の作品にちょっと近いように感じました。

 これはこれで良い作品でしたが、個人的には太もも要素ありの方が好みです。
 そろそろ酉乃初さんの登場が待ち遠しくなってきました。
 某作家さんの冬季限定お菓子のようにならないよう祈っています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、あっという間に一月が終わって二月になりました。
 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」という言葉がありますが、
 昔の人は上手いこと言いますね。

 一月は、その言葉通りあっという間に行っちゃいました。
 二月が逃げる前に、めいっぱい楽しもうと思います。

スポンサーリンク

タグ:相沢沙呼
posted by ササキマコト at 00:35 | 小説