いいとこ取り! 熟年交際のススメ/西原理恵子

◆本の内容


サイバラセンセー、高須クリニックの高須院長について赤裸々に語る、の巻。



◆感想


 ジャンルはエッセイですかね。
 高須先生とのエピソード(ノロケ含む)やサイバラさんの恋愛観について、
 いつも通り(?)ぶっちゃけていました。

 他人事だからでしょうけど、ぶっちゃけ気味のノリがかなり面白かったです。
 自分が高須先生のポジションだったらかなりイヤですけどね。

 また本来の読み方とは違うのでしょうが、
 お仕事に対する姿勢に対して「さすがだなー」と感じました。
 「何でも売った女」のくだりは、笑わせていただくと同時に、
 「やっぱり、これ位腹くくってなんぼなのかなー」と考えさせられましたよ。

 とても高尚で、かつ下品な一冊でした。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくら手首を捻ってしまったので、シップを貼ることにしました。
 そーいやシップなんてここ数年貼ってないな〜と思いながら
 救急セットからシップを取り出したところ……なんと!

 消費期限が2008年でした(−−;

 ん〜、2、3年くらいだったら気にしないで使うけど6年前かぁ。
 大丈夫なのかもしれないけど、さすがに躊躇するなぁ。

 と言うわけで消費期限切れのシップ(大量)は泣く泣く捨てて、
 バンテリンを塗r……こっちの消費期限も2008年かよ!?Σ( ̄◇ ̄;

 改めて救急箱を漁ったところ、内服薬以外のものは
 軒並み2008年前後に力尽きていました。

 うん、それだけ健康だってことですよね。
 喜ばしいことなのです。

 仕方ないので消費期限切れをポイポイ捨てていったところ、
 正露丸、バファリン、パブロンの三種の神器だけが残りました。

 スッキリ?\(−−)/

スポンサーリンク

タグ:西原理恵子
posted by ササキマコト at 10:53 | 小説