海馬亭通信2/村山早紀

◆本の内容


失踪した父を見つけて山に帰った、やまんばの娘・由布が再び「海馬亭」にやってきた。理由はホームシックになったから。由布と海馬亭の(ちょっと個性的な)住人たちの交流譚です。



◆感想


 ニッコリしました、ニッコリ(*´ェ`*)
 元が児童文学だけあって優しいお話です。
 『海馬亭通信』の続きなので、未読の方はそちらからお読みください。

 由布ちゃんも相変わらずおてんばさんで何よりです。
 君は何回家出すれば気が済むんだい?
 きっとご家族の皆さんも苦笑いしていることでしょう。
 そんな様子が想像できて、微笑ましい一冊でした。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は親知らずを抜歯してきます(´−ω−`)

 心を無にして臨もうと思います(´−ω−`)







 ぶわっ(´;ω;`)


 おっと、危ない(´−ω−`)

スポンサーリンク

タグ:村山早紀
posted by ササキマコト at 08:06 | 小説