ジェノサイド/高野和明

◆本の内容


大学院生・研人の元に死んだ父からのメールが届く。そこには無茶としか思えない指示が書かれていた。傭兵・イエーガーの元に高報酬ながら正体不明の仕事依頼が入る。彼は不治の病を患う息子を抱えていた。研人は友人の手を借りて必死に指示に従い、イエーガーは仲間と共に任務遂行を目指す。そんな二人の人生が交錯するとき、世界は決断を迫られた。みたいなお話です。ハリウッド映画のようなミステリー?サスペンス?でした。


◆感想


 600ページ弱の鈍器なので持つ手が疲れましたが、面白かったです。
 序盤は大学院生のお話と傭兵のお話が別々に語られ、
 これがどう繋がるのかとワクワクさせられました。
 後半は一気にハリウッド的な展開となり、スピード感があってドキドキさせられました。
 間違いなく読み応えのある作品です。
 話に盛り込まれた思想的に賛否両論なところがあるようですが、
 エンタメと割り切って読めば楽しめると思います。

 読後感は貴志祐介さんや百田尚樹さんの作品を読んだ後に似ていましたね。
 要は「面白かったけど、疲れた」「読み疲れたけど、満足した」です。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、親知らずを抜いてから外食とアルコールは控えていたのですが、
 そろそろ大丈夫かなーという気分になってきました。
 と言うわけで、今日は久しぶりに外食します\(−−)/

 まずはそうですね。
 駅の立ち食いソバ屋で天玉ソバを食べよっかな(*´ェ`*)
 立ち食いソバ自体はあまり好きではないのですが、
 大和駅に入っている立ち食いソバ屋さんは結構好きなのです。
 確か「箱根そば」とかいうお店ですね。
 調べたところ、店舗によって当たり外れがあるようですが、
 大和駅は結構美味しい部類だと思います。
 機会があればお試しあれ(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:高野和明
posted by ササキマコト at 12:52 | 小説