囮物語/西尾維新

◆本の内容


千石撫子ちゃん、蛇になっちゃう、の巻。


◆感想


 「図書館で見かける度に惰性で借りていたらいつの間にか大分制覇してきたよ」な
 西尾維新さんの化物語シリーズです。
 借りる順番がメチャメチャだから時系列が分からなくなってきちゃった(−−;

 本作の語り手は千石撫子ちゃんです。
 良い意味でも良くない意味でも可愛い子でした。
 ウジウジしてるけど意外とドライな独白が面白かったです。

 物語の展開は想定外の方向にぶっ飛んでいましたが、
 何故か説得力を感じてしまいました。
 パッと見大人しい子ほど秘めているものは大きいって言いますしね。
 とんでもないことをやらかしやがりましたが、納得はできます。
 その調子で世界征服でも目指してください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近平穏無事な生活を送っているせいか
 書くことがあまりなくてですね。
 ちょっと困っています。

 う〜ん、何を書こうかなぁ。

 あっ、ほれヾ(−−ヾ)

 あっ、ほれ(ノ−−)ノ

 ネタよ〜ヾ(−−ヾ)

 振ってこ〜い(ノ−−)ノ

 ネタ乞いの踊りを踊ってもダメだったので今日は諦めますm(__)m

スポンサーリンク

タグ:西尾維新
posted by ササキマコト at 07:23 | 小説