まおゆう魔王勇者 2忽鄰塔(クリルタイ)の陰謀/橙乃ままれ

◆本の内容


魔王が勇者で勇者が魔王で。ついに明かされる魔界の秘密、暗躍する青年商人、温泉旅行でバカンスふっふ〜、開催された魔族首脳会談、『まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』の続きです。


◆感想


 まおゆう第2巻です。
 登場人物も増え、それぞれの思惑が絡み合いながらの展開で、中々に読み応えがありました。
 戯曲調の物語ということもあり、それぞれのキャラがしっかり立っていましたしね。
 中でも、新登場の女魔法使いが個人的にはお気に入りです。
 彼女の名著(迷著?)『ごきげん殺人事件』は是非読んでみたいですし、
 煽るだけ煽って我関せずな態度も素敵でした。

 ……ん?素敵か?

 素敵でした。

 ちなみにこの作品は『まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」』の続きなので、
 気になる方はそちらからどうぞ。
 Web上でも全部読めますよ。
 Web上で読みたい方は「まおゆう まとめ」「まおゆう wiki」等で検索してみてください。
 私は紙の方が読みやすかったので書籍版を読んでいますが、
 Web版でも十分に楽しめると思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて……。

 もー、こんな食生活イヤだー\(>へ<)/

 スーパーの半額弁当をスルーする、こんな食生活はもうイヤだー\(>へ<)/

 昨日ハーゲンダッツの買い出しに行ったところ、
 ちょうどスーパーのお弁当が半額になっている時間帯でした。

 スルーできませんでしたよ(−−A

 気が付いたら籠に放り込んでいました。

 と言うわけで、ハーゲンダッツ生活はこれにて終了でっす\(−−)/
 天丼、うまー(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:橙乃ままれ
posted by ササキマコト at 10:02 | その他