サイコロジカル(下) 曳かれ者の小唄/西尾維新

◆本の内容


玖渚友の「仲間(チーム)」の一員である兎吊木垓輔を救出するため、いーちゃんと友ちんと保護者の鈴無さんが斜道卿壱郎研究所に行ったら捕まっちゃったお話です。



◆感想


 上巻はストーリーが動かず退屈でしたが、下巻は面白かったです。
 上巻で投げ出したくなった方も我慢して読んでみてください。

 メインの事件の結末は何となく予想が付いていましたが、哀川さんに騙されました。
 次作以降を読んじゃっていたからこそ騙された感はありますが、
 えー、まさかあの人がアレであんなことしてたとはーΣ( ̄◇ ̄;って感じです。
 「十全じゃねーよ、ばーか、ばーか」と悪態つきたい気分です、ハイ。
 でも上巻で感じたフラストレーションを一気に発散できました。
 上手く騙されてしまったわい(*´ェ`*)

 ふぃ〜、そう言えば、何だかんだでシリーズ全作品を(多分)読み終えました。
 ちょっとした達成感があります。
 戯言シリーズ読了\(−−)/


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくらサーバ移転の準備を進めています。
 以前に比べてうちのサーバに遊びに来てくれる人が増えているのですが、
 近い将来、パンクしちゃいそうな雰囲気がありましてね。
 限界が来る前にもう少し性能の良いサーバに移転しようと思ったのです。

 これが想像していた10倍くらい大変(ノ∀`)

 サーバ毎に癖があるのか、中々すんなり行ってくれなくてですね。
 ちまちまと設定を見直しつつ、少しずつ前に進んでいます。

 本当は今日中に終わらせるつもりだったのですが、
 ちょっと無理そうだなぁ(´・ω・`)
 そんな弱音を吐きつつ、ビール片手に頑張ってまっすp(−−)q

 ん?もしかしてビール片手が悪いのか?(==;

スポンサーリンク

タグ:西尾維新
posted by ササキマコト at 15:22 | 小説