私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな/ジェーン・スー

◆本の内容


私たちがプロポーズされない理由(T^T)



◆感想


 まずタイトルに撃ち抜かれました。
 無駄に偉そうで素晴らしい。

 そして自虐ネタ満載で笑わせていただきました。
 ……が、内容が内容なので、笑えない人は本当に笑えないでしょう。
 てか、笑いながらも、ちょっと冷や汗をかいちゃったりなんかして。
 中々痛いところをつくではありませんか。

 この本はあれですね。
 自分の身を傷つけながら爆笑する本です。
 ある種の開き直り、もしくは自分を棚上げすることが求められます。
 あるいは完全に他人事で読むか。

 覚悟を決めた者だけ、手に取りたまえ( ̄^ ̄)ノ


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、一日ぐーたらしたせいか、普通の体調に戻りました(−−ゞ
 医者から貰った解熱薬も結局一回しか飲んでいません。
 朝晩食後1日2回が5日分、つまりあと9回分残っているわけですが、
 活躍する場は無いんだろうなぁ(−−A

 せっかく貰ったので次回に向けて大事に取っておこうと思います。

 私は結構、薬が効きやすい体質というか、思い込みで効くタイプなんですよね。

 クスリを飲んだぞ〜\(−−)/

 ということはきっと治るぞ〜\(−−)/

 ほら、眠くなってきた。これもクスリの効果だ〜\(−−)/Zzz

 治った〜\(−−)/

 みたいな感じです。

 冷静にツッコむと、安静にしてぐっすり眠ったから治ったのですが、
 でもなんかクスリが効いた気分になるのですよ。

 分かってます、分かってます。

 風邪薬なんてーのは症状を抑えるだけで治すわけではないというのは
 十分分かっています。

 でもですよ。

 「病は気から」と言うではありませんか。

 ぶっちゃけ、クスリが効こうと効くまいと、結果として治ればOKです(−−)ノ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 10:35 | その他