瑠璃色の涙/泉ウタマロ

◆本の内容


突発的に自分を刺してしまった主人公は、臨死体験中に、行きつけにしている居酒屋のマスターの恋人と会う。その恋人は既に亡くなっているが、恋人であるマスターに伝えたいことがあった。自分の過去、マスターと恋人の過去を振り返り、人生の隠れた意図に気づくお話です。




◆感想


 スピリチュアル系だというのを差し引いても、好みに合いませんでした。
 目に見えない大きなものの存在や意義を否定するつもりはありませんが、
 裏を返せば「努力しても意味無いよ」と言われているようにも感じます。
 人知を超えた存在を認識することは、心の拠り所にもできるのでしょうが、
 言い訳にも使えてしまうと思うのです。
 そのため、あまり共感することはできませんでした。
 個人的には、前作『人生逆戻りツアー』の方が好みです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、変な時間に目が覚めてしまいました。
 23時に寝たのに、1時半に起きてしまったのです。
 贅沢な二度寝をしようと思ったのですが、駄目でした。
 仕方ないので起きだしてブログを更新しています。

 そして今、無性にお腹が空いています。

 これは食べちゃダメなパターンです。
 食べるとお腹がいっぱいになって眠くなるのです。
 寝て起きるとそれはお昼過ぎ……というのは読めています。
 とても危険な状態であることは理解しているのです。

 そんなことを考えています。

 カップラーメンに入れるお湯を電気ポットで沸かしながら(−−;

スポンサーリンク

タグ:泉ウタマロ
posted by ササキマコト at 03:20 | その他