OP-TICKET GAME/土橋真二郎

◆本の内容


伝説のチケットが、とあるクラスの男子生徒に配られた。チケットには女子生徒の名前が書かれている。チケットをすべて集めると、なんと!その子のOPが揉めるらしい。半信半疑な男子生徒たちだったが、伝説の生き証人が現れるに至って心は決まる。よし!チケットをコンプリートしてOPを揉もう!しかし問題はあった。最初は平和的にトレードされていたチケットだが、それではコンプリートは難しいと悟ったのだ。チケット集めは徐々に奪い合いの様相を呈していき……。壮絶な闘いが始まる!果たして夢の結末は?!揉むや!揉まざるや?!みたいなアホなお話です。



◆感想


 とても平和的なデス(?)ゲームです。
 読んでる間中、笑いが止まりませんでした。
 「あぁ、男子ってバカだなぁ」というのが物凄い分かる一冊です。
 女子が読んだら、こんな顔→(;´д`)になると思います。
 OPは夢でありロマンですからね。
 年齢的にも意気込んでしまうのは仕方ないでしょう。
 それは理解できますが……バカだよなぁ、こいつら(笑)
 真顔で熱くバカなことを語り、バカなことを真剣にやりつくす。
 ある意味で、とても王道な青春小説でした。

 ただし、真っ当な青春小説を期待して手に取ると裏切られるのでご注意ください。
 バカミスからミスを取ったような作品です。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくら新しいお仕事の打ち合わせです。
 どんなことになるのか楽しみ(*;´ェ`*)

 というわけで、今日はキリっと社会人モードで行ってきます(−−)☆
 それでは皆さん、良い一日を(−−)キリッ

スポンサーリンク

タグ:土橋真二郎
posted by ササキマコト at 08:00 | 小説