理系の人々 4/よしたに

◆本の内容


よしたにさん。



◆感想


 なんだかんだでシリーズ4作目まで出ていたのですね。
 似た表紙が多いだけに、読んだか読んでないか分からなくなっちゃうのです。

 というわけで、気が向いたので読んでみました。

 おぉ、これは大いなるマンネリですね。
 ネタギレ感は見えているものの、いつも通りのクオリティでした。
 「相変わらず面白い」と評する人と「そろそろ飽きた」と評する人に分かれそうです。

 個人的には面白く読めましたが、まぁ、良くも悪くもいつも通りです。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、消費税増税以降、地味に本が高くなっている気がしてなりません。
 実際に消費税増税分高くなっているのは確かですが、
 それだけじゃない気もするんですよね。

 例えば、今まで1,300円くらいで買えていた価格帯の本が
 1,600円くらいになっている気がします。
 500円くらいで買えていた文庫本が700円くらいになっている気がするのです。

 気のせいでしょうかね(−−?

スポンサーリンク

タグ:よしたに
posted by ササキマコト at 11:09 | その他