ビジネスで成功する決め手はパーソナルブランド―山一證券廃業からの脱却/越石一彦

◆本の内容


会社の名前で勝負する時代は終わった!自分の名前で勝負する時代!みたいなことが書かれています。



◆感想


 エッセイとハウツー本の中間くらいの内容でした。
 タイトルに書かれていることはその通りだと思います。
 中身に関しては、著者の経験から得た発想といいましょうか。
 ご自身の経験を通して得た実感なんだろうなぁ、という印象です。
 この本に書かれている内容を表面だけなぞっても上手くはいかないでしょう。
 「何故、その台詞が出てきたか?」を考える方が有意義だと思います。

 あっ、パーソナルブランド悪のことわざ集は、
 イラスト付きで面白かったです。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、このブログの記事ですが、今日の記事で2192記事目です。
 いや−、なんだかんだで書き溜めましたねぇ。

 ところがどっこい、わわわIT用語辞典の方はですね。
 昨日の時点で2194用語になりました。

 おぉ、追い抜いた\(−−)/

 いずれ追い抜くとは思っていましたが、思ったより早かったです。
 次は3000用語目指して頑張りまっすヾ(´∀`)ノ

スポンサーリンク

タグ:越石一彦
posted by ササキマコト at 11:35 | ビジネス書