WILL/本多孝好

◆本の内容


11年前に両親を亡くし、森野は家業の葬儀店を継いだ。現在29歳の森野は細々と、家業を続けていたがそこでの出会いや触れ合いが少しずつ彼女の心を変えていた。『MOMENT』にも登場した森野さんの物語です。



◆感想


 『MOMENT』よりはミステリーっぽかったです。
 とはいえ、メインは心の交流ですね。
 辻村深月さんの『ツナグ』と印象が被りました。

 本作単体でも楽しめますが『MOMENT』から読んだ方が良いと思います。
 文房具屋の倅の背景を分かっていると、さらにニヤニヤできるはずです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日も元気だ、ご飯が美味い!

 モテモテ状態継続中です(ノ∀`)

 遊びの予定を詰め込むとお仕事がたくさん降ってくるってのは
 お約束ですね(^^ゞ

 遊びも仕事もえっちらおっちらぼへぼへと頑張りまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:本多孝好
posted by ササキマコト at 12:37 | 小説