101号室の女/折原一

◆本の内容


ラブホテルの怪「101号室の女」、公園で出会った似た者同士「眠れ、わが子よ」、手紙の行き違い「網走まで」、カメラの取り違えから「石廊崎心中」、計画通りのはずが「恐妻家」、死線に光明「わが子が泣いている」、あぁすれ違い「殺人計画」、逃避行「追跡」、時効になっても終わらない「わが生涯最大の事件」どんでん返し系のミステリー短編です。



◆感想


 どんでん返しが魅力の折原一さん、短編でもキレキレです。
 キレキレ過ぎてたまに付いていけない話もありましたけどね。
 内容が詰め詰めなので、ノーヒントでオチまで突っ走る話もあります。
 状況がさくさく変わるので、振り落とされずに付いていくのは大変かもしれません。
 付いていければ、十二分に楽しめると思います。
 自分に合わない話は華麗に見なかったことにしてください。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日話題に挙げたお土産のさくらんぼカレーですが、
 食べたことのある方から「是非!食べてごらん!」と猛プッシュしていただきました。

 そーかそーか、そんなにオススメなのか(*´ェ`*)


 余計、食べるのがこえーょ(*;´ェ`*)

 とはいえ、人間、チャレンジ精神を失ってはいけません。
 今日の夕食はカレーにしたいと思います(−−;

スポンサーリンク

タグ:折原一
posted by ササキマコト at 12:27 | 小説