ドライブ/黒田研二

◆本の内容


目覚めた犬塚拓磨はワゴン車の中にいた。そこには見知らぬ男女が5人。ワゴン車のドアや窓は開かない。戸惑う拓磨たちであったが、放置されたタブレット型PCを見つけたところで状況は一変する。制限時間内に目的地を目指せ。ナビのルートは絶対に外れるな。指示に従わない場合、制限時間内に目的地に着けない場合は、エンジン部に仕掛けた爆弾を爆発する。タブレット型PCを通して出された指示を聞いた瞬間から、拓磨たちの死のドライブが始まった。みたいなお話です。



◆感想


 スピード感があって面白かったです。
 都合が良すぎる部分や腑に落ちない点は多々ありますが、パニック物ですからね。
 細かいところは気にしないのが吉です。

 雰囲気としては、上甲宣之さんや木下半太さんの作品に近い印象を受けました。
 過去作のようにミステリーっぽい内容を期待するとガッカリすると思います。
 謎っぽいところはありますが、ほとんど解消されません。
 疑問や疑惑は華麗にスルーしてください。

 勢い以外は何もなかった気もしますが、
 勢いだけで最後まで楽しませていただきました。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は久しぶりにウナギを食べました。
 ウナギと梅干しのコンビは最強ですね(*´ェ`*)
 ご飯が進みます。
 調子に乗って3合炊いたご飯を全部食べてしまいました。

 結果、お腹がはちきれそう(−−;

 学生時代は3合くらい余裕だったんですけどね。
 昔の栄光にすがるなということなのでしょう。(つд`)

スポンサーリンク

タグ:黒田研二
posted by ササキマコト at 09:03 | 小説