失敗しないとわかっていたら、どんなことをしてみたい?/ジョン・C・マクスウェル

◆本の内容


その質問を耳にした者は、かつて自分が抱いていた夢を思い出す。恐るるなかれ。失敗は終わりではない。始まりである。みたいなことが書いてあります。



◆感想


 物事の捉え方や考え方について書かれた本です。
 「失敗」が持つネガティブなイメージを払拭してくれるような内容でした。
 「よし!これで失敗しないな!」ではなく「失敗したっていーのさ!」になれます。
 具体的な手法が何か書いてあるわけではありませんが、
 何かに挑戦する気力は湧いてくると思います。
 やってみたいことがあるけど最初の一歩が踏み出せない人は
 読んでみては如何でしょう。
 そのやりたいことが前向きな内容であれば、
 今すぐにでも始めたくなるはずです。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日は超久しぶりに松屋に行きました。

 ……が、結局お店には入らないで帰ってきました。

 牛めしが380円!?Σ( ̄◇ ̄;
 えっ?なんで?いつの間に90円も値上げしたの?
 冗談でしょ?

 帰ってきてネットで検索したら、本当に値上げするみたいです(´−ω−`)
 「高い品質を求める顧客の変化に対応するため」とか
 どっかのマク○ナルドみたいなことを言ってるようですが、大丈夫かいな(−−?

 少なくとも、私は380円だったら松屋の牛めしは食べません(−−)

 別に「値上げは悪だ!」と言うつもりはないのですが、
 単純に選択肢が増えますからね。
 「あ〜、財布に300円入ってる。松屋でも行くか」とはなっても
 「あ〜、財布に400円入ってる。松屋でも行くか」とはならないと思います。
 牛丼が食べたくなったら吉野家かすき家に入るでしょうし、
 400円出すならスーパーのお弁当の方が野菜多いしなぁ(−−ゞ

 価格帯が変わるってことは、競合も変わるってことだと思うのですよね。
 380円の松屋、私の場合、行くか行かないか決めるときの比較対象は
 過去の松屋でも無ければ、吉野家、すき家のような牛丼チェーンでもありません。
 400円前後で食事ができたりお弁当が買えるお店です。
 ぶっちゃけ400円出して食事するときに松屋を選ぶかと言われると……微妙\(−−)/

 松屋さんにはお世話になったので、マク○ナルドみたいにならないように
 祈っています(−人−)

 今まで、特にサラリーマン時代の食生活を支えてくれてありがとうございました。
 さよーなら、松屋(−−)/〜





 ……とか言いつつ、普通に食べてたらごめんなさい(^^ゞ

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 11:05 | ビジネス書