日入国常闇碑伝/詠坂雄二

◆本の内容


日入国に突如現れた怪異空間『常闇』。その中では死者が歩きだし、妖魔が跋扈する。常闇の謎は深い。峰邑家に身を寄せる白堂闇佐は、常闇の謎の解明に動く。みたいなお話です。



◆感想


 「うわ〜、歴史ものかぁ(−A−;」と思ったものの、詠坂さんですからね。
 きっと叙述系の何かかどんでん返し系の何かがあるのだろうと期待して、
 つまらない、もとい、私には合わないのを我慢して読みました。

 結果(−−)b

 何もありませんでした(−A−)
 普通にただの伝奇小説でした(−A−)
 「訳者後書」まで頑張って読んだのになぁ(つд`)

 先入観無しで読めば楽しめるのかもしれませんが、
 私が歴史ものは得意でないのと、ミステリーを期待して読んだのでイマイチでした。

 いや、ちょっと違いますね。

 これはこれで楽しめるけど、期待と違ってガッカリした。というのが正確な表現です。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくら引きこもります(−−)ノ

 暑いから(−。−)ぼそっ

 というのは冗談ですが、本日は優雅に読書三昧な予定です。
 コーヒー片手に積読を消化する、幸せですね(*´ェ`*)

 今日のんびりする分は週末に取り返します。
 何事もメリハリが大事です(−−)b

スポンサーリンク

タグ:詠坂雄二
posted by ササキマコト at 09:53 | 小説