チェンジ・ザ・ルール!/エリヤフ・ゴールドラット

◆本の内容


物語でTOC(制約条件の理論)が学べる。ベストセラー『ザ・ゴール』でお馴染み、エリヤフ・ゴールドラットさんの三作目は、システム会社を舞台にした物語です。



◆感想


 本作は舞台がシステム会社ということもあり、親近感が湧きました。
 どこの国でも悩みどころは似たようなものなのですね。
 そのため興味深く読めたのですが、単純に「TOCとは何ぞや?」という意味では、
 前二作の方が分かりやすいと思います。
 本作は応用編といいますか「ITの現場におけるTOC」といった雰囲気でした。

 ただ個人的にはTOCとはあまり関係無い部分で頷ける内容が多かったです。
 特に「バリューを提供する」というのは大事なのではないでしょうか。
 システムエンジニアやITコンサル系を目指している方は、
 読んでおいても損は無いと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、一昨日は土用丑の日でした。
 なんで一昨日の話題を取り上げるかというと、昨日は取り上げ忘れたからです。
 うなぎを食べるのすっかり忘れてましたよ(´・ω・`)

 まぁ、覚えていても多分食べなかったと思いますけどね。

 うなぎは好きですが、わざわざイベントに合わせて食べる気にはなりません。
 むしろ、時期をずらした方が安く食えるんじゃね(−−?と考える方です。

 というわけで、今日はうなぎにしましょうかね(*´ェ`*)

 イベントぼったくり価格が終わって、少しは値下げされてると良いなぁ(*´ェ`*)

 既に店頭に並んでなかったら残念だなぁ(*;´ェ`*)

 最悪、タレと山椒があれば何とかなりますけどね(−−)☆

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 06:16 | ビジネス書