チェーン・ポイズン/本多孝好

◆本の内容


時期を同じくして服毒自殺した三人の男女。その中の一人・高野章子を追うことに決めた雑誌記者・原田は聞き込みを続ける。本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか?絶望の中で死を望んだ女性は、一年後の死という希望を得ていた。果たして一年後、何が起こったのか。そして三人の自殺の真相とは。"死のセールスマン"が紡ぎ出す希望と絶望の物語です。



◆感想


 とある人物の半生を雑誌記者がインタビューしながら追う。
 ジャンルは違うものの『永遠の0』っぽいなーと思いながら読み進めたら……。

 うひょー♪

 こりゃー参った。
 すっかり騙されちゃいましたよ(ノ∀`)

 これは書けないですね。
 何を書いてもネタバレになっちゃいそうです。

 あー、困った(−∀−)

 困ったなぁ(−∀−)

 えっ?気になりますか?

 400ページくらいなんで、読んでみたらどうですか?
 いやー、まさかアレがアレでアレだったとはね〜。


◆お気に入り度


 星5つ:★★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、くそ寒くなりましたねー。
 ベッドから抜け出すのも一苦労です。

 そんな今日この頃ですが、私はあえて早起きをしてみました。

 頑張って起きて、寒い中えいやっ!とベッドから抜け出す。
 なんて勇気のいる行動なのでしょう。

 偉いぞ!私!

 頑張った!私!

 そんな早起きさんな私ですが、
 今はコタツでぬくぬくしています(*´ェ`*)

 張り切り過ぎて、無理しない方が良いですね。

 幸せですわ(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:本多孝好
posted by ササキマコト at 07:02 | 小説