聴き屋の芸術学部祭/市井豊

◆本の内容


何故か人からぺらぺら話しかけられてしまう体質の柏木君が遭遇する4つの事件のお話です。学際で遭遇した焼死体の謎、オチの消えた演劇の結末、模型を壊した犯人、二人の泥棒と一緒に考える目の前の死体の謎、の4つに「聴き屋」柏木君が(しぶしぶ)挑みます。



◆感想


 アンソロジー『放課後探偵団』の「横槍ワイン」が面白かったので
 読んでみました。

 死体もしっかり出てきますが、日常の謎系のミステリーです。
 聴き屋の柏木君が、その聞き上手体質のために無茶振りを受け、
 否応なく推理させられちゃいます。

 全部で四編収録されていますが、
 個人的には「からくりツィスカの余命」が気に入りました。
 ミステリー作品は結構読んでいるので気づいても良さそうなものですが、
 これっぽっちもオチに気づきませんでした。
 思わず読み返しちゃいましたよ。
 やられたっ!Σ( ̄◇ ̄;

 あと、先輩のキャラがかなりの勢いでお気に入りです。
 決して悪い人じゃないと思うのですよね。陰気くさいだけで。
 無茶振りにも健気に耐えてるし、
 邪険にされても落ち込むだけでへこたれないし、
 とても微笑ましかったです(*´ェ`*)
 まぁ、実際に近くにいたら全力で逃げるだろうけど(−。−)ぼそっ

 次作が出るのを、そわそわしながお待ちいたしまっす(−−)ノ


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 風邪が治りません(´−ω−`)

スポンサーリンク

タグ:市井豊
posted by ササキマコト at 11:27 | 小説