魔界探偵冥王星O―トイボックスのT/越前魔太郎

◆本の内容


目覚めるとそこは巨大な籠の中だった。ここはどこ?ふと気づく。私は誰?記憶喪失の私の前に、奇妙な少女と大男が現れた。そして私は地人の記憶を注ぎ込まれ、ヤマトという男の人生を追体験することになる。「冥王星O」をキーワードとするコラボシリーズの中の一作です。



◆感想


 『魔界探偵冥王星O―ペインのP』に続けて読みました。
 ほとんど予備知識が無い状態です。

 最初「ペインのP」の続きだと思っていたのですが、
 全然違うお話だったのですね。
 後からWikiを見て、いろいろ腑に落ちました。
 魔界探偵冥王星Oのシリーズは複数の作家さんによる連作であり、
 「ペインのP」に続いて本作も番外編的位置付けのようです。

 しかし「ペインのP」にしろ本作にしろ、
 私はこのシリーズの番外編的な作品しか読んでいないのですね。
 未だに冥王星Oの活躍シーンを一度も見ていません。
 どこら辺が魔界探偵かもさっぱり分からない状態です。

 ここで止めるのも癪なので、せめて一作くらいは
 冥王星Oが活躍している作品を読んでみようと思います。

 おっと、作品自体の感想をまったく書いていませんでした。
 一言で言えば「イカレっぷりは好み」です。
 ストーリーを楽しむ作品ではなく世界観や雰囲気を楽しむ作品ですね。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日はちょっくら、しばらくご無沙汰していたラーメン屋さんに
 ラーメンを食べに行ってきます。
 実は一週間くらい前に行こうと思っていたのですが、
 体調を崩してのびのびになっていたのですよ(−−ゞ
 だいぶ復調したので、今日リベンジすることにしました。

 メニューは既に決まっているのです。
 ラーメンと半ライスとギョーザ。
 このコンボが至福です(*´ェ`*)

 待ってろよぉ!ヾ(*´ェ`*)ノ

スポンサーリンク

タグ:越前魔太郎
posted by ササキマコト at 13:48 | 小説