白馬山荘殺人事件/東野圭吾

◆本の内容


兄の自殺の真相を探るため、信州白馬のペンション『まざあ・ぐうす』を訪ねたナオコと親友のマコト。二人を待ち受けたのは、マザー・グースの唄に秘められた謎と新たな事件であった。みたいなお話です。



◆感想


 クローズ・ド・サークル物が読みたくて手に取ったのですが、
 想像していた以上にパズル色の強い一冊でした。

 パズル部分を考えるのが面倒くさかったので適当に読み流していたら、
 最後まで行っちゃいましたよ。

 なんてこった〜い<( ̄◇ ̄;)>

 というわけで、読み流した私が悪いのですが、あまり印象に残っていません。
 兄の死の真相を求める謎解きと、ペンションに秘められた暗号に対する謎解きと
 新たに起きた事件の謎解きと、謎解きがいっぱいです。
 暗号系やパズル系が好きな方は楽しめると思います。
 私のように叙述系が好きな人にとっては、微妙かもしれません。

 完成度は高いと思いますけどね。
 好みではありませんでした。


◆お気に入り度


 星2つ:★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっとばっかし必死こいてやっていたお仕事がほぼ終わりました。
 私の作業は完了して、今はお客さまの確認待ちです。
 不具合があれば直しますが、問題が無ければ終わりっ\(−−)/

 よく頑張った!私!\(≧▽≦)/

 こんなときは、あれですね。

 自分へのご褒美(*´ェ`*)

 ……というようなことを先日も書いた気がしますが、ドンマイです。
 めでたいことは何回祝っても良いのですよ。

 そんな言い訳をしつつ、自分へのご褒美を考えています。
 何が良いかな〜(*´ェ`*)

 ご褒美を考えているだけで、幸せな気分でいっぱいです。
 うすうす気づいてはいましたが、私は安上がりな奴ですね(−−;

スポンサーリンク

タグ:東野圭吾
posted by ササキマコト at 05:14 | 小説