ラスト・ワルツ/柳広司

◆本の内容


「ジョーカー・ゲーム」シリーズの最新作です。列車内でのスパイ同士の闘い「アジア・エクスプレス」、最後の最後に果たされた約束、舞踏会場で見え隠れする虚構と真実の「舞踏会の夜」、ドイツの映画撮影所でスパイがスパイを演じる「ワルキューレ」の三編が収録されています。



◆感想


 タイトルを見て

 「ジョーカー・ゲーム」シリーズが終わるのか?!Σ(´・д・`)

 と焦ったのですが、全然そんなことはありませんでした。
 さすがに「D機関」ネタで引っ張るのが限界なのか、
 普通のスパイ物なミステリーでしたけどね。
 D機関ならではの個性や「魔王」結城中佐の存在感は皆無でしたが、
 個人的には面白かったです。

 全体的に、可もなく不可もなくな印象ではありますが、
 三編の中では「ワルキューレ」が一番好みでした。
 まさか、主人公・雪村がアレだったとは……。
 ストーリー展開とはあまり関係がありませんが
 「やられた感」は一番大きかったです。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、今日は起きたら既に一日の半分が終わっていました。
 うわ〜、もったいね〜!<( ̄◇ ̄;)>

 これはもうアレですね。

 フテ寝(−−)b

 中途半端だから「やっちまった感」が出るのです。
 開き直って、丸一日寝倒してしまえば、
 「あぁ、今日はたくさん寝たな〜。充実した休みだったな〜」と……駄目?(^^;

スポンサーリンク

タグ:柳広司
posted by ササキマコト at 13:01 | 小説