魔界探偵 冥王星O ヴァイオリンのV/越前魔太郎

◆本の内容


子供の頃に出会った楽器の形をした少女(もしくは、少女の形をした楽器)と、ひょんなきっかけから再会を果たした。彼女が欲しい。どうしても欲しい。俺は彼女を手に入れるために【冥王星O】と名乗る男の元で助手を勤めることにしたが……。冥王星Oシリーズの始まりです。



◆感想


 実はこのシリーズ、最終巻を既に読んじゃったのですよね。
 そのため結末は知っているのですが、
 せっかくなのでシリーズを読破することにしています。

 というわけで、冥王星シリーズの一作目です。
 作品ごとに作家さんが変わるということもあり、
 冥王星Oのキャラも作品によって大分違うのですが、
 その理由付けを上手くやったなーというのが一番の感想です。
 最初の段階で、いろいろと辻褄合わせを頑張っておいたのですね。

 本作単体として見ると、なかなかにグロい作品です。
 内臓ぐちゅぐちゅ系ですね。
 少しだけ小林泰三さんの作品と印象が被りました。
 もし自分がそのシチュエーションにいたら、
 間違いなく逃げ出します。
 脇目も振らず逃げ出します。
 そして、しばらく焼肉は避けて、回転寿司を食べて過ごします。
 内臓系のお肉を食べる予定がある人は、読まない方が良いかもしれません。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、来週は一週間ほど旅に出ます。
 そのため、今現在、その準備で

 てんやヾ(−−ヾ)

 わんや(ノ−−)ノ

 しております。

 取りあえず、泊まる場所は無事に確保しました。
 あとは、お仕事をはじめとした気がかり事を片付けるだけで、
 気分よく旅に出ることができます。

 まぁ「片付けるだけで」なんて軽く言いましたが、
 それが一番大変なんですけどね(−公−;

 気合を入れてやっつけて、スナフキンしようと思います。

スポンサーリンク

タグ:越前魔太郎
posted by ササキマコト at 13:42 | 小説