キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム/一田和樹

◆本の内容


誰かに何かをしてあげてから自殺する。キリストゲームと名付けられたその行為は、社会現象になるほど流行した。その原因の調査と鎮静化を命じられた内閣官房サイバーインテリジェンスチーム(CIT)のメンバーは、現象の裏に潜む恐ろしい陰謀を紐解いていくことになった。みたいなお話です。



◆感想


 サイバーでファンタジーで警察ものです。
 リアルっぽい見せ方でトンデモ理論爆発の内容が展開されます。

 とはいえ、そこまで違和感を感じることなく読み進められました。
 そして、現実に起こったら恐ろしいと感じさせられる内容でした。
 いやホント、フィクションのままであって欲しいものです。

 視点を変えて、個人的には早希さんのキャラが好みでした。
 ぶっ飛びっぷりも好みではありますが、
 インテリジェンス溢れる悪口の吐きっぷりに惹かれます。
 よくここまで機知に富んだ罵詈雑言が出てくるもんだ。

 内容自体は可もなく不可もなくな印象でしたが、
 早希さんが気に入ったので続編があるなら読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて(−−)

 今日は〜ヾ(−−ゞ)

 一日中〜(ノ−−)ノ

 惰眠をむさぼるぞ〜!\(≧▽≦)/

 おやすみなさい(−−)Zzz

スポンサーリンク

タグ:一田和樹
posted by ササキマコト at 13:06 | 小説