もし、かけだしカウンセラーが経営コンサルタントになったら/久野康成、井上ゆかり

◆本の内容


カウンセリング畑出身の新米コンサルタントが、上司のアドバイスをもらいつつ、クライアント企業の社員面談を行う話です。面談の内容や上司からのアドバイスを通して、仕事への関わり方なんかを考えることができます。小説形式ではありますが、ストーリーの動きはありません。会話形式と捉えた方が実態に近いと思います。



◆感想


 理念というか、言わんとしていることは素晴らしいと思うのですが、
 本筋と関係無いところが気になって、いまいち集中できませんでした。

 特に気になったのが、赤太字にしている箇所です。
 一瞬だけ要点を強調しているのかと思ったのですが、
 別にそんなことも無さそうでした。
 「田宮さん……?」とか赤文字にされても
 「だからなんだよ?」って感じです。

 「得る物を考える前に、まず与えなさい」的な主張は好みでしたけどね。
 根底に流れる考え方は『あたえる人があたえられる』と近いと思います。
 個人的には、受け入れやすく、納得できる意見でした。

 でもなー。
 ホント、何を基準に赤文字にしたのかが気になるんだよなー。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ちょっくらレトルトカレーの食べ比べをしています。
 今のところ300円台を2つ、150円くらいのを1つ、58円のを1つ食べました。





 58円のが一番好みでした_| ̄|○

 と言いますか、300円台は食べたらお腹を壊しました(^^A
 スパイシーで本格的な味わいでしたけどね。
 58円レトルトの、給食のカレーっぽい感じが一番好みでした。

 うん、安上がりで、いーですね。
 貧乏舌、バンザイ\(−A−)/

スポンサーリンク

posted by ササキマコト at 09:53 | ビジネス書