あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所/山田真哉

◆本の内容


モデルになるために上京した竜ヶ水隼人は、なぜか芸能事務所ではなく、芸能人を専門とした会計事務所に就職してしまった。残酷な天使・天王洲あいる所長にこき使われ、今日も今日とて雑用の日々を送る。税務をテーマとしたミステリー要素も入ったエンタメ小説です。



◆感想


 山田真哉さんの著作の中では、かなり軽い部類に入ると思います。
 ページ数も多くないので、あっという間に読み終わりました。
 一応、税務がテーマではありますが、小難しくはありません。
 ライトノベル感覚でサクサク読めます。

 逆に言うと、知識を得る目的で読む本ではありません。
 会計や税務に関する学びを求めている人は、
 他の本を読んだ方が有意義です。

 会計って何?税務って美味しいの?な人が、
 会計の雰囲気を味わいつつ娯楽として楽しむには、良い本だと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、ついにエアコンを点けてしまいました。

 あ〜……幸せ(*´ェ`*)

 エアコンでキンキンに冷やした部屋の中で、
 ホット・ロイヤルミルクティーなんぞを飲んでいます。

 コタツアイスほどではないものの、
 背徳感がたまりません(*´ェ`*)

 あ〜、贅沢してるなぁ(*´ェ`*)

 あ〜(*´ェ`*)

 もう、ブログなんて書いてらんないっすね(*´∀`*)

 さっさと切り上げて、この幸せを十二分に満喫しようと思います。

 あ〜(*´ェ`*)すずしぃ

スポンサーリンク

タグ:山田真哉
posted by ササキマコト at 11:07 | 小説