幻惑の死と使途/森博嗣

◆本の内容


マジシャンがマジックの最中に殺されて、しかも死体が無くなって、一体、何じゃ、こりゃ〜?!Σ( ̄◇ ̄;な内容です。S&Mシリーズの一作で『夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER』と対になっています。



◆感想


 萌絵さんの推理を読んで「なるほど……」となり、
 犀川先生の推理を読んで「なるほど!」となりました。
 全体的には萌絵さんが頑張っていたものの、
 美味しいところは(いつも通り?)犀川先生に持って行かれちゃいましたね。

 それ以外は、いつも通りです。
 ハイテンションな萌絵さんとローテンションな犀川先生の
 よく分からない掛け合い漫才が楽しみどころです。

 ちなみに、本作は奇数章のみで構成されています。
 『夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER』という作品と対になっていて
 『夏のレプリカ―REPLACEABLE SUMMER』は偶数章のみで構成されています。
 ただし、展開としての繋がりはありません。
 時系列が同じというだけなので、本作単体で楽しめます。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、お仕事が一つ終わりました。
 正確には納品が終わっただけで検収待ちですが、
 気分的には一区切りです。

 いーやっほぉヾ(´∀`)ノ

 あっ、ほれヾ(−−ゞ)

 あっ、ほれ(ノ−−)ノ

 解放感でいっぱいです(*´ェ`*)

 他にもやらなくちゃいけないことはありますが、
 今日のところは、自分へご褒美をあげようと思います。

 寝るぞっ!\(≧▽≦)/

スポンサーリンク

タグ:森博嗣
posted by ササキマコト at 09:12 | 小説