400円のマグカップで4000万円のモノを売る方法―――「儲けの仕組み」が、簡単にわかる!/井洋子

◆本の内容


スープカレーだけは絶品だが流行らないカフェを経営している洋介の前に、敏腕経営コンサルタントの遠山桜子が現れた。彼女の口癖は「儲けるなんて、簡単よ」である。スープカレーを気に入った桜子は洋介にアドバイスをするようになり……物語仕立てのビジネス書です。マーケティングについて、あれやこれやと書かれています。



◆感想


 某・餃子vs高級フレンチと若干印象は被りましたが、
 普通に読みやすかったです。
 マーケティング戦略の初歩について、物語内で語られています。

 既にある程度の勉強をした人にとっては、物足りない内容かもしれません。
 小難しい用語はほとんど登場しないので、初心者が読むには良いと思います。

 個人的には、少し物足りなく感じました。
 これは本の内容がどうこうという話ではなく、
 私の中に以前より知識が蓄積されたからでしょう(*´ェ`*)

 自分の成長を喜びつつ、次の一歩の進め方を考えようと思います。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日はサンマの塩焼きを食べました。
 大根おろしをドバっと添えて、ご飯と一緒にかっこむのです。

 これが、めっちゃ美味い!(≧▽≦)

 やっぱり秋はサンマですね〜(*´ェ`*)
 安い!美味い!簡単!の三拍子揃っています。

 台風の影響でお値段が高くならないか心配しつつ、
 秋の味覚を満喫したいと思います。

 今日もサンマにしようかなぁ(*´ェ`*)

スポンサーリンク

タグ:井洋子
posted by ササキマコト at 09:56 | ビジネス書