こちら、郵政省特別配達課(2)/小川一水

◆本の内容


トクハイカ存続の危機?!政府はコンピュータ制御の郵便用リニアを走らせるG-NET計画を進めていた。計画が実現すれば、利便性の向上は見込めるものの人員整理は必至。トクハイカ存続のために、あのデコボココンビが立ち上がる!みたいなお話です。2011年3月の災害を題材にした特別書き下ろしも収録されています。気になる方はご注意ください。



◆感想


 『こちら、郵政省特別配達課(1)』の続編です。
 お仕事命、デコボココンビ、熱血と暴走。
 前作を読んだときにも感じたことですが、
 『図書館戦争』と印象がかぶりました。
 やっぱり、お仕事小説は熱くなってなんぼですね。

 前作に比べてデコボココンビが落ち着いた(大人になった)感もありますが、
 それはそれで成長の証っぽくて良かったです。
 私も自分の仕事を頑張ろうという気持ちになりました。

 『妙なる技の乙女たち』を読んだときにも感じたことですが、
 小川一水さんの書かれるお仕事小説は、
 テンションが上がるので好きです。
 「よっしゃ!私もやったるぜ!」という気分になれます。

 SF作家さんでもあるらしいので、
 機会を見つけてSF作品も読んでみようと思います。


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、昨日はすき家に行きました。
 株主優待券が残っていたのと、
 牛丼値下げキャンペーンをやっていたのと、
 ニンニク牛丼が復活していたのが理由です。

 何より、ニンニク牛丼が復活していたのが嬉しい(*´ェ`*)

 ニンニク牛丼食べるじぇい!ヾ(´∀`)ノ








 すいませ〜ん。売り切れで〜す。


 (T皿T)ノミ☆ガンガン!

スポンサーリンク

タグ:小川一水
posted by ササキマコト at 11:46 | 小説