幻双城事件 仮面の王子と移動密室/椙本孝思

◆本の内容


黒彦、果菜、犬神清秀の三人が二世会とかいう訳わかんない名目で城に招待されて、そこでやっぱり殺人事件が起きちゃうお話です。『魔神館事件夏と少女とサツリク風景』から始まったシリーズの四作目になります。



◆感想


 このシリーズは、ミステリーとして読むと微妙な気持ちになるかもしれません。
 舞台となる建物自体に仕掛けがあるのが特徴なので
 「そんなん、わかるか!」となる可能性があります。
 キャラ物として読んだほうが楽しめるでしょう。

 そこら辺を私は既に割り切っていますからね。
 ストレスなく楽しむことができました。
 ハテナのアホっぷりがだんだん可愛く見えてきましたよ(*´ェ`*)

 繰り返しになりますが、ミステリーとしてオススメできるかは微妙です。
 ミステリー風味のライトノベルとしてはオススメできます。

 正直に言って「絶賛!」というほどではないのですが、
 新作が出たらきっと手に取ると思います。
 それくらいには楽しめました。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、新しい一週間が始まりましたね。
 今週もぼへぼへ行ってみよー(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:椙本孝思
posted by ササキマコト at 08:42 | 小説