ヘルたん - ヘルパー探偵とマドンナの帰還/愛川晶

◆本の内容


ヘルたん』の続きです。



◆感想


 最初に注意事項です。
 前作の『ヘルたん』を読んでいないと完全には楽しめません。
 一応ミステリーではありますが、おまけ要素的な部分が強いです。
 メインは大人の青春小説なので、人間関係が重要ですからね。
 興味を持たれた方は前作『ヘルたん』から読んであげてください。

 それでは本作の感想ですが、ん〜……なんか釈然としなかったです。
 成瀬氏の「秘密」なんてバレバレだと思うのですけどね。
 淳君は何故そこから目を逸らすのか、不思議でなりませんでした。

 明らかに続編に続く流れで、終わり方も思わせぶりです。
 シリーズ物としての先は長いっぽいので仕方ない面はありますが、
 いろいろと不完全燃焼に終わった一冊でした。

 次作が出たら読むとは思いますけどね。
 はたしてシリーズ完結まで行けるのか……ちょっと心配しています。


◆お気に入り度


 星3つ:★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、最近とあるところで

 「有料プランに申し込むと一年間無料で使える」

 という記述を見かけました。

 それは……無料って言って良いのか?(−−;

スポンサーリンク

タグ:愛川晶
posted by ササキマコト at 07:55 | 小説