ぶたぶたカフェ/矢崎存美

◆本の内容


ほっこり癒し系ぶひぶひファンタジーぶたぶたさんの登場です。バレーボール大のブタのぬいぐるみ、でも実は中年のおっさん、それが山崎ぶたぶたさん。今回のぶたぶたさんの役どころは……昼間しか営業しないカフェの店長さんです。今回は長編です。



◆感想


 長編で読み応えもあり、面白かったです。
 ですが、面白かったからこそ、2点ほど不満が残りました。

 まず、カルボナーラの魔法の粉は結局何だったんだよ!
 気になるじゃねーかヽ(`д´)ノ
 ※著者のWebサイトで魔法の粉の正体を確認できました。スッキリです。

 あと、あの人とあの人の関係が気になってたのに、あそこで終わりかよ!
 こっちはニヤニヤしながら読み進めてたんだぞぅヽ(`д´)ノ
 ヤキモチっぽい描写もあったけど、ぶっちゃけ、どうだったんでしょ?
 あぁ、その後が気になるわぁ(つд`)

 とか言いつつ、可愛くてダンディーなぶたぶたさんに大満足でしたけどね。
 いやー、ほっこりしますわぁ(*´ェ`*)


◆お気に入り度


 星4つ:★★★★


◆日記とか雑談とか


 さて、2日前に熱く語った『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』ですが、
 発売日当日に買っちゃいました\(≧▽≦)/

 でも、まだ開封していません(^^;

 昔はゲームを始める前に説明書を読んで楽しんだのですけどね。
 最近のゲームは説明書が紙一枚くらいしか入っていないので
 楽しむ余地が少ないのです。

 というわけで、ある程度まとまったゲーム時間を確保するまでは
 おあずけにしています。

 多分、今日か明日には開封しますけどね。
 ゲーム開始をモチベーションの一つにして、
 目の前のやるべきことを片付けまっすp(−−)q

スポンサーリンク

タグ:矢崎存美
posted by ササキマコト at 14:43 | 小説