最後のトリック/深水黎一郎

◆本の内容


ミステリーにおける意外な犯人の極め付け「読者が犯人」に挑戦した意欲作です。



◆感想


 最後まで読みましたが、普通に面白くなかったです。
 ……と書くのは暴言ですね。
 私には合いませんでした。

 アイディア賞な作品だとは思います。
 期待していたものとは全然違いましたが、確かに「読者が犯人」です。
 「なるほどね!」にはなりませんでしたが
 「あぁ、なるほど」くらいにはなりました。

 ただ、いかんせん作品としての盛り上がりどころが分からず。
 ぶっちゃけ、ずっと「早くネタばらし部分になれ〜」と思いながら読みました。

 くそ長い超能力のウンチクや必要性のよく分からない覚書など、
 読んでいて眠くなりました。
 最後まで読んだ上で振り返ればそれぞれの狙いは分かりますが、
 読んでいる時点では「この意味不明のエピソードって必要なの?」と
 感じるところが多かったです。

 途中を読み飛ばして解答編だけをつまみ食いする誘惑に負けそうになりました。
 誘惑に負けなかった自分を褒めてあげたい気もしますが、
 誘惑に負けてもたいして問題なかったな〜と思っている自分もいます。


◆お気に入り度


 星1つ:★


◆日記とか雑談とか


 さて、世間一般では三連休の中日ですね。
 私は今日もぺちぺち頑張っております(−−)ノ

 区切りは明日に設定しています。
 それを過ぎたら、ぐーたらするぞー!ヾ(≧▽≦)ノ

 ということで、ラストスパートで頑張りまっす(−−)ノ

スポンサーリンク

タグ:深水黎一郎
posted by ササキマコト at 11:39 | 小説